読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EIN(米国納税者番号)の取得

海外でゲームを販売することになり、
EIN(米国納税者番号)が必要になった。
これを取得しないと二重課税になる。
つまり、アメリカで30%の源泉徴収をされ、さらに日本で税金を引かれてしまう。
アメリカの源泉徴収を回避するために必要。
すごくとまどったので、今後迷う人のためにまとめておく。

方法について

EINはIRS(内国歳入庁)で発行してもらう。
方法は以下のとおり。

# 方法 メリット デメリット
1 電話 即時発行! 英語でやりとり
2 SS-4を書いてFAX送信 英語での会話不要・手軽 届いたか確認できない・記入ミスの場合やり直し
3 SS-4を書いて郵送 英語での会話不要 届いたか確認できない・記入ミスの場合やり直し・面倒

3はメリットないので、1か2で迷うと思うが、1と2の合わせ技がよい。
SS-4を書いてから電話し、オペレーターからFAX番号を教えてもらい、そこに送る。
それでも多少の英語での会話が必要だけども。
僕は事前にFAXを送ってから電話したが、オペレーターが送信した文書を探せないので、これはNGだった。

SS-4の書き方

省略します。検索すると色々でてきます。
下記サイトからダウンロードできます。
Form SS-4, Application for Employer Identification Number (EIN)

国際電話について

アメリカへの国際電話なので料金に注意。
Skypeだと安い。
Skypeは、相手の国によって料金が決まるんだけど、
このときは、2.26円/分だった。
Skypeクレジット500円で十分。

国際FAXについて

僕の家はFAXが無かったので、ローソンのFAXを利用して送った。
電話中に外出して、その間待ってもらった。
これ、ちょっと迷惑だったかも。ごめんよ。。
家にFAXがあれば、その場で送るのがよい。
しかし、家庭用の電話は、国際FAXに対応していないものがあるらしいので注意。
また、インターネットFAXというのもあるようだけど、
月額とかだし、色々と調べた結果、やめておくことにした。(適当なこと書けないので、詳しい理由は書かない。)

まあ2の方法でもよいのかな。
返信が来ないとかのトラブルもあるようだけど、
期間的に余裕があるならば。